Press "Enter" to skip to content
TOP画像

最初は聞き役に回る

合コンや婚活パーティーなどのイベントに限らず、出会いの場ではいかにして一歩抜きん出るか、他のライバル達に差をつけるかが大切なポイントです。そのためには様々な工夫が必要ですが、現在人気のスマートフォンの出会いアプリなどを活用して恋人を探す際にも同じことが言えるでしょう。合コンなどの場では、ライバルの存在は当然自分の視界に入っている訳ですが、スマホのアプリの場合、自分の恋にライバルがいるのかどうかわからないうえに、実は水面下で意中の相手にアプローチしている人がいるのか、自分より相手と親しくしている人がいるのかどうかも把握できません。出会いアプリでは、「常にライバルがいる」と仮定し、意中の相手には積極的にアプローチをするべきでしょう。

では、どうすればライバルに差をつけることができるのでしょうか。最初のアプローチで大切なポイントは、自分の紹介を長々とすることではなく、相手に自分がどれほど興味を持っているかを伝えることです。「自分を理解してほしい、恋愛の対象としてみてほしい」と自分の気持ちばかりアピールする前に、「あなたのことが知りたい。なぜなら、あなたと恋をしたいからです」と伝えるようにしましょう。そんな簡単なことで効果が出るのかと疑問に思う人もいるかもしれませんが、その簡単なことをせず、ただただ自分のアピールにばかり力を入れて、ライバルにリードされてしまう人はことのほか多いものです。

意中の相手の気を惹きたいのであれば、初手が肝心であり、そのもっとも効果的な方法は、相手に対して情報の提供を願い出ることです。「あなたのことが知りたい、興味がある」出会いの場でそのような意思表示をされて嫌な気持ちになる人はいませんし、人は、自分の話を聞いてくれる相手、自分に興味を示してくれる相手に対して好意を抱くものです。まずは相手の話を引き出し、聞き役に回るという方法をぜひ実行してみてください。自分が心惹かれるほど素敵な人であれば、きっと恋のライバルも多いはずです。相手の関心を惹きつけたいのであれば、この方法をお勧めします。