Press "Enter" to skip to content
TOP画像

ひとりで抱え込まないこと

恋にかかわるものに限らず、「不安」というものを人に打ち明けられない、話してしまうことができないという人はいるものです。
出会いから間もない恋人に対しては特に、「嫌われるかもしれない」という思いから、打ち明けることができないという人も少なくないでしょう。
しかし、そうした「不安」に対する「不安」を含めて、「不安」を抱いた際には、互いに打ち明けられる環境を作っていくことが大切ですし、そうすることは、長く良好な関係を築いていくうえでも非常に大事なのだということを覚えておいてください。

不安を打ち明けられる関係を築くためには、まず、出会いの場をイベントではなく、アプリへ替えることをお勧めします。
アプリであれば、プロフィールに加えてブログなど、好ましいと思った人のひととなりを知るうえで大切な情報を、イベントなどよりも比較的簡単に手に入れることができるからです。

相手のひととなりがある程度理解できれば、コミュニケーションがとりやすいかどうかも判断しやすくなるでしょう。
その時点から、気持ちを言葉にするクセをつけ始めることがお勧めですし、アプローチを決めたのであれば、自分がなかなか気持ちを言葉にすることができない性質だということも伝えておくべきでしょう。
直ぐにそうした性質を変えることはできなくても、互いにそうできる関係を築いていきたいと伝えることは大切なことです。
互いに気をつけ合うこともできることから、アプローチが進んだら、どういった関係を築いていきたいのか伝え合う努力をすることをお勧めします。

不安というものは、言葉にしてしまうだけでもいくらか軽減できるので、ひとりで抱え込まないことが大切です。
そして伝えられる相手がいるのであれば、それを心強いことだと思って伝える努力をするべきなのです。
遠慮から誤解が生まれ、関係が破たんしてしまうこともあるので、長く良好な関係を築きたいのであれば、アプローチの時点から気持ちを言葉にするための努力を始めた方がいいでしょう。